[21卒] コロナ禍での就活の話

就活

自分の就職活動は5月の下旬に終了しました。

現在の情勢を考えると早く就職活動が終了したのかなと思っています。

今回はこれまでの就職活動を振り返っていきます。

就職活動開始時期

就職活動をなんとなく意識し始めたのは3年の夏からです。

1dayのインターンに2社ほど参加して満足して3年の夏が終わりました。

自分の周りの人は結構いろいろなインターンに参加して、遅れをとってしまったとあっせていましたね笑

情報工学科に所属していたこともあり、売り手市場なので就職活動なんとかなるだろうと思っていていました。

みんな参加しているからとりあえずやっておこうみたい感じですねー

この頃はコロナが大流行するなんて思ってもいませんでしたーーーー

3年の後期の就職活動(秋から3月直前)

ここで自分にとって大きなこれからの就職活動の軸となるような出来事に出会います。

それは後期の授業で行われたJavaでオセゲームを制作するといった内容のものでした。

そこでゲーム制作って楽しそうだなと思うようになり、自分で将棋のゲームを作ったり

Unityで簡単なゲームを制作するようになりました。

もともとゲームが大好きだったので、今度は自分が制作してみんなに楽しんでもらえたらなと思い、ゲームプログラマになりたいと強く思ったのです。

ちなみに、冬のインターンなどがありましたが、全く参加しませんでした。

もう少し早く本格的に就職活動を開始していたら良かったのかなと後悔しています。

就職活動が解禁する(3月)

まずは0時から始まるクリック大戦争に参加しました。

興味があるところにはとにかくクリックしておきました。

この頃にはコロナの影響がすでに出ており、説明会などは全てオンラインで参加していました。

自分にとっての就活のイメージは一日中いろいろな企業の説明会を聞きに行くというイメージだったので全てオンラインでやるというのは交通費がかなり浮いて助かりましたね笑

SPIという最初の関門

ゲームプログラマはSPIなどの他にプログラミングの実技試験がありました。

実技試験の方はなんとかなることが多かったのですが、SPIで意外に苦戦をしていました。

この時期あたりから就活そんなに甘くないなと実感してきました。

SPIの対策をしたのが3月からだったので、少し遅かったのかなとかなり反省をしています。

なのでSPIなどの試験対策は早めにやっておきましょうね!

いよいよ面接が開始してくる!(4月)

なんとかESやSPIなどを通過してた企業の面接が開始してきていました。

自分の面接は全てオンライン上での面接となりました。

コロナ恐ろし!!!

4月での面接はすべてうまくいかず、祈られてばかりでかなりメンタルがやられていました。

これは厳しすぎると本当に実感しました。

友達にもあまり相談できないし、かなり辛かった時期ですね笑

これまでの面接の失敗を生かして(5月)

4月は面接で祈られてばかりだった失敗を生かして、自己分析などすべて見直しました。

この頃からYoutubeで就活に関する動画見るなどしていましたねー

中でも特にみていたのが就活系Youtuberエルトさんの模擬面接動画です!

これは本当にお勧めなのでこれから就職する人はみておいた方がいいかなと思います。

この動画のメリットは他人の面接の様子をみれるところです。

ここから質問の受け答えを勉強できました!

これをゴールデンウィーク中にみて、実際に自分のカメラで面接の様子をとって何回も

練習しました。

この動画がなかったら就職活動はうまくいかなかったかなと思います。

ついに第一志望の面接!!!!

これまで失敗を生かして面接の想定練習もしていたので1ヶ月前の自分とは別人かのようにはっきり質問に答えることができていました。

エルトさんありがとうございます!

感謝しかないです!

ぽんぽんと最終面接まで進めることができました。

最終面接は初めてだったのでかなり緊張しましたが、10分ほどで終了してその日のうちに内々定の連絡をもらうことができました。

これまで受験などいろいろ失敗してきましたが、就職に関しては大成功という形で終えることができてとても嬉しい気持ちです。

就職がゴールではないし、しっかり卒業までにやれることがたくさんあると思うので怠けることなく残り少ない学生生活を過ごして行きたいですねー

しっかり単位を取りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました