逆ポーランド記法の計算

Python

今回の内容は聞いたことがない方が少ないと思いますが、面白いと思うので

紹介したいと思います。

逆ポーランド記法とは?

wikipediaでは数式やプログラムの記法の一種。演算子を被演算子の後にすることから、後置記法とも言う。

これをみてもわからないと思うので、具体的に例を出して説明していきましょう。

逆ポーランド記法では1+1を1 1 +と書きます。

計算する数値を先に書いて+や-などの演算子を後にかく感じですね。

逆ポーランド記法の計算方法

1 4 5 + *を計算してみよう。

ここで大事になるのが、スタックというものです。

簡単にいうと積み木みたいなイメージです。

まず左からスタックに数字や演算子を積んで行きます。

この作業をpushするといいます。

では実際の過程を見てみましょう。

ここで演算子がpushされましたね。

そしたら演算子の直前二つを取り出します。

この取り出す過程をpopするといいます。

そしたらpopした数値を計算します。今回は演算子が+だったので4+5を実行します。

それでは続きを見てみましょう!

こんな感じです。

もう一問やってみましょう。

3 5 + 9 * 75 ー 33 /

結構難しいですが、これができれば大丈夫だと思います。

今回は以上で終了です。

次はこれをプログラムで実装していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました