c言語初心者必見!scanf関数を丁寧に説明していきます!

C言語

今日はscanf関数を勉強していきましょう!

早速説明していきます。

読み込んだ値を画面に表示してみよう!

サンプルコードを見てください。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  int a;

  printf("整数を入力してください\n");
  scanf("%d",&a);
  printf("%dと入力しました\n",a);

  return 0;
}

5行目は変数nを利用するための宣言で、8行目の%dは10進数で読み込みますということを表し、読み込んだ値が変数nに格納されます。

ここで注意してほしいのは、nの前のをつけることを忘れることが多いです。自分も始めた頃はつけ忘れていました。今回はすぐ気付くかと思いますが、書く行数が多くなると気付きにくくなるので、最初から意識してコーディングしてみてください。今回は少し早いですが、以上で終了となります。

まとめに入ります!

次回もよろしくおねがいします!

これまでのまとめ

  • scnafは一般に「スキャンエフ」と読む。
  • scanf関数は、キーボードから数値などを読み込む処理をする関数
  • printf関数による関数とは違い、scanf関数では、変数名の前に&をつける必要がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました